定期的に直す

必ず必要となるオーバーホール

ロレックスは日本でもファンが多い高級腕時計メーカーですが、ロレックスの腕時計は、高級だからこそオーバーホールは必ず必要な作業です。 ロレックスに限らず、腕時計は多くの細かい部品から作られています。それぞれの部品がきちんとかみ合うことで狂わずに時を刻むことが出来るのです。 しかし、部品がかみ合いやすいようにさしてある油は、年月を経ると揮発してねばりがでてきてしまうために、部品同士の摩擦が大きくなってしまいます。そうなると部品がだめになってしまったり、時間が狂ってしまったりすることがあるのです。 そのため、定期的に部品を全部分解して洗浄し、組み直すというオーバーホールという作業が必須となります。もちろん個人では出来ない難しい作業ですから、専門業者に依頼する必要があるでしょう。

4年に一度の目安で行う

ロレックスのオーバーホールは、4年に一度程度の頻度が推奨されています。どんなに丁寧に使っていても、内部では劣化が進んでしまいますから、壊れてしまう前に早めにオーバーホールを依頼する必要があるでしょう。 ロレックスなどの高級腕時計は、部品が壊れてしまった時の修理費用も高額になることが多いです。部品の値段が高いだけではなく、スイスから部品を取り寄せたりする必要がある場合もあり、修理期間も長くなってしまいます。 ですから、壊れてしまうよりは、オーバーホールに定期的に費用を割いた方が結果的には安価に済ませることが出来るでしょう。 また、ロレックスのオーバーホールを行ってくれる業者はいくつも存在しています。正規代理店以外にも多くの業者があるので、信頼性や価格で比べて選ぶことが出来るでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加